ウイルス性イボ 治りかけ

ウイルス性イボの原因と、治りかけの治療

スポンサーリンク

皮膚というのは、人間の身体を守る、防御機構としての大きな役割を担ってくれています。
そのため、さまざまな外的な要因と触れ合うことがありまして、時として皮膚自体が病気になります。
そうした外的な要素によって、皮膚が患うことのある病気の一つが、ウイルス性イボです。
ウイルス性イボの原因となるのは、ヒト乳頭腫ウイルスあるいはヒトパピローマウイルスになります。
このウイルスというのは、世の中にはたくさん存在していまして、日常生活でよく接触します。
しかし、そのほとんどは実際にイボを発症することはありません。
ところが、皮膚のバリア機能などが低下していると、ウイルスに感染し易くなるのです。
その典型的な例が、アトピー性皮膚炎になりまして、罹患率が高いのです。

スポンサーリンク

 

こうしたウイルス性イボの治療法には、いくつかの有効な方法があります。
そのうち、皮膚科でよく行われるのが、液体窒素を用いてイボを凍結させることです。
具体的には、綿棒などを液体窒素に浸して、それをイボに押し当てて凍結させます。
そうすると、ウイルスに感染した皮膚が損傷しますので、イボが無くなるのです。
しかし、ウイルスの感染が、皮膚の深部にまで到達している場合があります。
この場合には、1回の治療だけで、ウイルスを消失出来ないこともあるのです。
すなわちこの段階は、イボのウイルスが残っている、治りかけの段階なのです。
したがって、イボが治りかけの段階の場合には、複数回液体窒素を用いて、凍結させる必要があります。

スポンサーリンク