ウイルス性イボ スピール膏

ウイルス性イボの治療とスピール膏との関係について

スポンサーリンク

ウイルス性イボはヒト乳頭腫ウイルスが原因となって腕や足に多くできるイボです。
これには尋常性疣贅や扁平疣贅など、さまざまなタイプがあります。
このうち尋常性疣贅は子供によく見られるイボです。
子供は皮膚が柔らかく、またイボができたところを掻きむしることが多いので、ウイルスが広がって複数のイボができることもあります。
保護者の中には、このイボがウイルス性だと知らない人も多いため、市販のスピール膏のようなサリチル酸の絆創膏を使ってイボを取るということがよく行われています。
皮膚科の医師の間では、尋常性疣贅のようなウイルス性イボの治療にサリチル酸を用いることには賛否両論あります。
これを治療に用いている病院では、液体窒素療法を行う前に、イボを柔らかくするために使用を指示されることがあります。

スポンサーリンク

 

ウイルス性イボの治療の際にスピール膏を用いることに対しては、反対意見を持つ皮膚科医もいます。
その理由は、スピール膏によってふやけた皮膚ははがれやすくなるため、ウイルスを含んだ皮膚片が飛び散り、患部以外の皮膚にまでウイルスを拡散してしまうからということです。
実際に、これが原因でイボが増えたために皮膚科を受診する患者がいると述べる医師もいます。
一方、医師によっては、推奨度はそれほど高くないものの、スピール膏を液体窒素療法と組み合わせることでより効果的にウイルス性イボを治療できると説明しています。
また、サリチル酸が皮膚をふやけさせると抗ウイルス性を持つサイトカインという物質を産生しやすくするため、スピール膏の使用がウイルス性イボの治療に有効だとする説もあります。

スポンサーリンク