ウイルス性 いぼ 顔 原因 症状

顔に出来るウイルス性いぼの症状と原因について

スポンサーリンク

顔の出来物は、一般的に「ニキビ」の症状が多いです。
しかし、中には見た目がニキビに似ている、「ウイルス性いぼ」があるので注意しましょう。
ウイルス性いぼとは、主に傷口からウイルスが侵入して、感染を起こす皮膚の病気です。
顔に出来るものは小さいものが多いですが、一見すると白ニキビと間違える場合があります。
自然に治る事もありますが、効果的な治療のためには、皮膚科を受診して判断する事が大切です。
ウイルス性いぼの原因として、「ヒトパピローマウイルス」という細菌感染が考えられます。
このいぼは、顔だけでなく手足にも出来る事があり、主に傷口から入り込んで感染します。
もう一つの原因は、免疫力が弱まっている事です。
ウイルスが入っても、免疫力が高ければ、感染しない場合もあります。
免疫力が弱い時にウイルスが侵入すると、感染しやすくいぼの出来る原因となります。
症状が軽く、大きさが小さいものは自然治癒が可能です。
大きいものは自分で治す事が難しいため、皮膚科での治療が効果的です。

スポンサーリンク

ウイルス性のいぼが出来た場合、市販の薬剤を利用する、レーザー治療を行うなどの対処法があります。
市販の薬剤は、効果的な薬品を使って除去する事が出来るものですが、顔や柔らかい皮膚には使用出来ないものがあるので注意しましょう。
顔にも使える対処法として、皮膚科での「レーザー治療」があります。
レーザー治療は1回でも効果が高く、大きい症状でなければ1回の施術で完治する事が可能です。
また、色素沈着が起こりにくく、肌を綺麗に保った状態で治す事が出来ます。
痛みも少なく、治療跡も残りにくいので安心して利用出来るのが特徴です。
皮膚へのウイルス性の症状を予防するためには、傷口からの感染を防ぐ事が必要です。
傷口は消毒し、ウイルスが入らないように清潔に保ちましょう。
また、二次感染を防ぐためにも、無闇に触らないようにしてください。
ヒトパピローマウイルスは、免疫力が低下している状態では感染しやすいため、免疫力を高める事も大切です。
感染を避けるためには、適度な運動や食生活を見直して、健康的な生活を心がけましょう。

スポンサーリンク