ウイルス性いぼ 自然治癒

ウイルス性いぼの自然治癒を助けるいくつかの方法

スポンサーリンク

ウイルス性いぼは、ヒトパピローマウイルスというウイルスに感染することによってできる腫瘍です。
小さな傷からウイルスが皮膚に入って増殖し、皮膚表面が少し盛り上がり、固くなります。
放置していると、大きくなったり、数が増えたりする事もあります。
ウイルスが進入する際に、正常組織を傷つける事があり、黒く内出血しているいぼもあります。
ウイルスに対する抵抗力が低くなっている時に、特に感染しやすいと言われています。
ヒトパピローマウイルスには、インフルエンザウイルス等の様に、ウイルスに対して直接効果のある薬はなく、完全に治す為には個人のウイルスに対する抵抗力を高めていくしかありません。
時に、放置していても自然治癒してしまうこともありますが、多くは数週間〜数ヶ月の通院が必要です。

スポンサーリンク

 

ウイルス性イボの自然治癒を助ける方法として、液体窒素療法・漢方薬の服用等が挙げられます。
液体窒素療法は、超低温の液体窒素で患部を凍結させ、あえて炎症を起こします。
それにより、免疫が活性化し効果が期待できると言われています。
初回は、水ぶくれや赤みが発生しますが、毎週一度、定期的に行うことが大切です。
触ってみても感触を感じなくなり、周囲との色調の濃淡が無くなるまで根気強く通院することで、多くの場合2〜3ヶ月程度で治癒すると言われています。
また、イボに有効と言われるヨクイニンが含まれているハトムギ茶を飲んだり、漢方薬を処方してもらい服用することで、さらに高い治癒効果が得られる事があります。
このように、ウイルス性いぼは、放置しているだけでなく皮膚科などで適切な治療・投薬を受ける事で、短期間での治癒を期待できます。

スポンサーリンク