ウイルス性イボ 見分け方 方法

ウイルス性イボの見分け方と治療方法について

スポンサーリンク

ウイルス性イボは、足の裏や手足に出来る事が多く、「魚の目」と見間違えやすいです。
魚の目だと思っていたらウイルス性イボだったという事にならないように、見分け方を覚えておくと便利です。
ウイルス性イボは基本的に、時間をかければ自然に治す事が可能です。
症状が軽い内に治すためには、皮膚科などの病院を利用しましょう。
ウイルス性イボの原因は、「ヒトパピローマウイルス」と呼ばれるウイルスの感染です。
足の裏など、皮膚に傷が出来た時にその部分からウイルスが侵入して感染します。
魚の目との見分け方は、イボの大きさと見た目で判断します。
大きさが1cm以内のもので、真ん中に芯があり硬いものは、魚の目の可能性が高いです。
イボの大きさが数mm程度から1cmあるもので、盛り上がって患部がゴツゴツしていれば、ウイルス性イボの可能性があります。
また、魚の目は硬い芯が育っていくため、歩いたりして刺激されると痛みを感じます。
イボは基本的に痛みが少なく、強く押すと感じる程度の痛みです。
当たった感覚でも見分ける事は可能ですが、確実に治療をしたいなら皮膚科の受診をおすすめします。

スポンサーリンク

ウイルス性イボの治療方法は、自然に任せた「自然治癒」か、専門機関による「手術」や「レーザー治療」などがあります。
小さいものなら1、2年で自然に消える場合があります。
大きいものになると、日常生活にも影響してくるので、早めに治療を行いましょう。
外科手術では、メスを使ってイボを切除します。
また、液体窒素を使って患部を凍結する方法もあります。
レーザー治療は、レーザーでイボをやいて除去する事が可能です。
いずれの方法も、短期間で治したい場合には効果的ですが、後遺症など事前に医師に確認しておく事でトラブルを防げます。
自分に最適な治療を行うようにしましょう。
小さいイボは自然治癒が可能ですが、綺麗に早く治したい場合は皮膚科を受診する方法が効率的です。
皮膚科では専門的な治療を行えるため、自分が納得出来る方法で改善する事が出来ます。
イボと魚の目を見分けるには、皮膚科で診てもらった方が確実です。
見分け方の知識を持っておく事で、効果的な治療法を選ぶ目安になります。

スポンサーリンク