足の裏 魚の目 痛くない

足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について

スポンサーリンク

足の裏の魚の目は、痛くなければウイルス性イボの可能性があります。
また、似た皮膚疾患に「タコ」があります。
足の裏に出来る出来物は、この3つが主です。
見分け方としては、痛みや状態で判断します。
魚の目は、基本的に刺激を与えると痛く、酷くなると歩くのも困難な状態になります。
イボやタコは、痛みが少なく指で強く押すと痛みを感じる程度です。
痛くない魚の目は、他の皮膚病の可能性があるので、皮膚科で診てもらう事で適切な処置が行えます。
魚の目は、足の裏や足の指に出来る硬い出来物です。
長期間の歩きなどで足の裏に負担がかかり、摩擦や圧迫される事により、皮膚が硬くなります。
「魚の目」と言われるように、硬くなった皮膚の中心に芯を持ち、奥へ奥へと伸びていくのでかなりの痛みを感じるのが特徴です。
対してタコは、皮膚全体が厚く硬くなり、盛り上がる状態です。
中心に芯がないため、皮膚が厚くなって逆に痛みを感じない状態になります。
ウイルス性イボは、傷口からの細菌感染により、皮膚が盛り上がった状態で痛みが少ないのが特徴です。

スポンサーリンク

痛くない皮膚疾患の対処法は、ウイルス性イボの場合は皮膚科での治療で治す事が出来ます。
ウイルス性イボは、二次感染を避けるため自己処理で弄らないように注意が必要です。
皮膚科での「レーザー治療」や「ヨクイニン」などの漢方の処方で、改善する事が可能です。
魚の目は、表面だけでなく皮膚の中に芯が伸びている状態なので、専門的な治療が効率的です。
皮膚科では専門医が削って処置してくれるため、早めに受診する事で効率的に治療を行えます。
魚の目は、足の裏に出来ると歩く度に芯が圧迫され、痛みを伴います。
痛くない出来物は、他の原因が考えられるので、症状が続く場合は皮膚科を受診しましょう。
皮膚が盛り上がったり芯が出来たりといった皮膚病は、綺麗に治したい場合専門治療が効果的です。
また、症状を酷くしないために、足の裏への負担を避けるなど対策を取る事も重要です。
予防のためには、ハイヒールやサンダルなど、足の裏に直接負担がかかる履き物を避け、足を酷使しないように心がけましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法