魚の目 絆創膏 期間

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間

スポンサーリンク

魚の目は、足の裏などによくできてしまいます。
そして、芯があるので歩くときに痛みを感じてしまうこともあります。
初期の段階であれば、自分で魚の目の芯を取り除くことが可能になっています。
でき始めである場合には、自分で取り除くことが十分に可能になっていますが、思うように上手く取り除くことができなかったり、取れたと思っていても実は取れていなかったりする場合もあります。
また、さらに症状が悪化してしまう可能性もあります。
そのような場合、皮膚科に行って専門医に処置してもらうようにしましょう。
知識や経験が豊富である医師なら簡単に取り除いてもらうことができます。
ですので、自分で取り除くことによって無理はしないことが大切です。
自分で絆創膏を使って処置しようと思っている場合の治療期間は、その症状によって異なってくることになるので決まった日数はありません。
ですが、通常なら1、2週間もあれば、芯の除去やその後に傷の回復もすすんでくることになります。

スポンサーリンク

魚の目を自分で除去しようと思っている場合、液体タイプと絆創膏タイプのものがあります。
絆創膏タイプののものは、製品の中央には、サリチル酸の団子上の薬剤があります。
それを足の裏に貼り付けることによって使っていくことになります。
薬剤の周りには、魚の目の大きさに合わせてクッションを置くことが可能になっているので、歩くときにも魚の目が押しつぶされてしまうこともありません。
ですので、歩いていたとしても痛みを感じることはほとんどないですが、液体タイプの場合だと歩くときに痛みを感じる場合があります。
絆創膏タイプでは、歩いていることによって足の裏からずれてしまうことがあります。
ですので、できるだけ靴下を履かないようにするのがポイントになってきます。
数週間の期間が経っても痛みを感じていたり、完治しない場合は皮膚科へ受診する必要が出てきます。
ですので、長期間経っても改善が見られない場合には悪化する前に皮膚科へ行くようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法