魚の目 放置すると 症状

魚の目を放置するとこんな症状が現れる

スポンサーリンク

魚の目が出来ても大したことはないと放置すると、歩けなくなるほど痛くなることがあります。
痛みなどの症状が現れるのは大きくなった魚の目の芯が皮膚の内部に入りこんで、神経を圧迫するからです。
芯は皮膚の表面を守っている角質層が固くなったものです。
魚の目が出来ても放置すると角質層は内部に向かって成長してゆき神経部分にまで届きます。
こうなると歩くたびに圧力が加わるので、激しい痛みが出てくるのです。
魚の目が出来たら痛みなどの症状が出る前に、取り除くことが大切です。
また痛いと、なるべく痛みが出ないように無理な姿勢で歩くようになります。
すると姿勢が悪くなるだけではなく膝に負担をかけたり骨盤が歪む原因になります。
魚の目を放置すると腰痛や膝痛などの症状が出てくることもあるのです。
サリチル酸が含まれている貼り薬を使用すると角質層を柔らかくできるので、芯を取り除くことができます。
早く取るために芯を自分で削る人もいますが、雑菌が入り込むことがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

芯が大きくなっている場合には、貼り薬を使っても完全に取り切れない場合があります。
このような時には皮膚科に行って治療してもらった方が安全です。
皮膚科ではメスやハサミ、炭酸ガスレーザーなどで芯を取り除く治療が行われます。
足に合わない靴を履いていたり、歩き方が悪く足の一部に負担をかけると魚の目が出来ます。
再発を防ぐには靴や歩き方を変える事が大切です。
また冷え性の人は足裏の皮膚の新陳代謝が悪いので角質が厚くなりがちです。
特に女性はヒールの高い靴を履いて足に負担をかける事が多いだけではなく、冷えのせいで魚の目ができやすくなります。
足首を回したり足の指を引っ張ると足の先端まで血液が届くようになります。
足湯をすると足が温まるだけではなく、体全体の血流が良くなるので冷え性改善にも効果的です。
歩き方を改善するためには屈伸運動が効果があります。
屈伸運動をしていると体の重心が安定してくるので、足に負担をかけずに歩けるようになります。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法