魚の目 病院 何科

魚の目の治療は病院の何科が適しているのか

スポンサーリンク

足の裏や足の指などに出来る硬いしこりのことを魚の目といいます。
皮膚の一点に圧迫・摩擦などの刺激が繰り返し加わると、その部分の角質層が硬くなって姉妹、皮膚の内側に向かって突き刺さるように伸びます。
その中心部には芯が出来ることがありこの芯が神経を圧迫することで強い痛みを感じることがあります。
魚の目の原因としては、サイズの合わない靴をはいている、クセのある歩き方をしている、足が冷えることで血行が悪くなっている、糖尿病であるなどの事があります。
魚の目と間違われやすいものとしては、タコやいぼがあります。
違いとしては、タコは魚の目と発生のメカニズムは同様ですが、タコの場合には一点に集中しているのではなく、広範囲にわたってでき、芯が出来ないという特徴があります。
また、痛みもそれほど強くはありません。
一方のいぼは、様々な種類がありますが、痛みはなく、表面が盛り上がって見えるという特徴があります。
取り除こうとした場合には広がる場合もあります。

スポンサーリンク

魚の目を治療を受けるという場合、病院の何科を受診したら良いか分からないという人も多いようです。
何科か迷った場合には、皮膚の病気ですので、皮膚科に相談すると良いでしょう。
病院で行われる治療法としては、塗り薬を使用する方法や芯を取り除く方法などがあります。
皮膚科では、対症療法が行われることが多く、根本的な治療を受けることが出来ない可能性があります。
原因を取り除かなくては、一度症状が治まっても、再発してしまう可能性が高いと言えます。
根本的な治療を受けたいという場合には、何科が適しているのかというと、整形外科に相談することをおすすめします。
最近では、市販されている製品でも魚の目の改善に効果のあるものが売られていますので、病院を訪れる時間がないという場合には、使用してみても良いでしょう。
使用をする際には、使い方などをしっかりと確認し、正しい方法で使用するようにしましょう。
効果を得ることが出来ない場合には、早めに病院を訪れるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法