魚の目たこいぼの違い

魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう

スポンサーリンク

魚の目たこいぼの違いは迷います。
医学的な分野では、皮膚科の疾患です。
民間では、混同して用いられている事も少なからず、見ても解りにくい事も多く見受けられます。
魚の目やたこは感染の心配はいりませんが、いぼについては現在注意が必要と言われています。
普通に言われているいぼは、原因となるウイルスが感染してできるものとされています。
専門用語でウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれています。
プール時期に流行るミズイボは伝染性軟属腫、年寄りイボと呼ばれるものは老人性疣贅または脂漏性角化症など多くの類似病態があります。
確実にうつるというわけでは無いのですが、うつる可能性もあります。
皮膚の構造や免疫の働きなどの様々なバリアー機構でウイルスや細菌などの感染から守られているので、正常な皮膚や粘膜には通常感染しにくいと考えられています。
ただし、皮膚や粘膜の小さい傷にて侵入したり、様々な感染から身体を守っていた免疫力が低下すると感染の恐れはあります。

スポンサーリンク

大人だけでなく子供でも出現する魚の目たこいぼの違いについてはっきり解りにくい時が多いです。
魚の目は別名鶏眼と言われています。
皮膚の外側の角質層と呼ばれる硬い層があり、継続的な圧迫などの外部刺激を一定部分に繰り返し受けた場合、角質が厚く芯のようになり、真皮に向かって楔状に食い込んでいく場合があります。
こうしてできたのが魚や鶏の目のように見えるので魚の目と呼ばれています。
圧迫や歩行などに伴って、楔状に食い込んだ角質の芯が神経を圧迫する事によって痛みを生じます。
ただ似たようなものに足底疣贅と言うものも有るので確信はできません。
子供の足にはミルメシアと呼ばれる、魚の目そっくりの痛いイボもできることがあります。
たこは別名で胼胝と呼ばれますが、魚の目と同じようにどこかの皮膚の一部が慢性的に刺激を受けて角質が厚くなる病気です。
魚の目と異なるのは、刺激を受けた辺りの皮膚全体が少し黄色味を帯びて、厚く硬くなって盛り上がってきます。
出現部位はあちこちにできます。
ペンだこや座りだこをイメージされるとわかりやすいとおもいます。
このように魚の目たこいぼの違いについては、類似したものもあり、素人目で見てもわからないものも多く、特にイボのようにウイルスが関連したものなどは薬が必要になります。
感染も気を付けなければいけないので、多発したり、痛すぎる場合等は病院への受診が安心に繋がります。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法