魚の目 皮膚科 料金

魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について

スポンサーリンク

魚の目は、固くなってしまった皮膚の角質が厚くなることによって皮膚の奥深くまで角質が侵入して硬い芯のようなものを作り出した状態のことを指します。
できてしまった魚の目は、外から見ると少々気持ち悪く見えることが多いです。
男女問わずできますが、女性のほうがどちらかというとできてしまう確率は高いという傾向があります。
魚の目は俗称で正式名称がきちんとあり、鶏眼と呼びます。
 治すに当たっては、硬い芯のようなものを除去しない限りは治しづらいといわれています。
中途半端な治療法を行っていては、皮膚の表面を削り取るだけになってしまいかえって健康によくない影響を与えてしまうこともあります。
ですので、完全に除去するにあたっては自分ひとりの力で治そうとするよりも皮膚科の医師に診てもらって除去してもらうほうが確実に治すことができます。
 また、魚の目を放置することによってできてしまった鶏眼の根元の部分が足の神経を刺激するようになり、痛みを伴うようになります。
できるだけ痛み出す前に処置してもらったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

 皮膚科で治療すれば、魚の目は比較的簡単に除去することができます。
主に用いられている治療法としては、スピール膏と呼ばれる医療用のシールを貼って角質層を柔らかくすることができます。
 柔らかくなった角質の部分を丁寧に除去していけば綺麗に取り払うことができます。
このほかにも軽度のタイプのものについては、薬などを使用して簡単に除去できます。
ただし魚の目の根の部分が深い場合もありますので、この場合は簡単な手術を行うこともあります。
 皮膚科で除去するときの料金については、保険の適用内になっていますので比較的低料金で除去することができます。
ですので、できれば我慢せずに皮膚科の医師に診てもらったほうがスムーズに完治しやすいといえるでしょう。
 重度の魚の目であっても、完治するのに1万円以上の料金がかかってしまうことについてはごくまれといわれています。
経済的にな負担を感じることはほとんどありません。
 レーザー手術を行う場合には数万円ほどの料金がかかることもあります。
しかし、そのかわりレーザーによる手術では1回で完治することができます。
そのため、すぐに治したいのであればレーザー治療も有効です。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法