魚の目 痛くない 治療 方法

痛くない魚の目の治療方法

スポンサーリンク

普段生活していて中々見る事のない足の裏ですが、何やら違和感を感じてみれば思いもよらない事になっている可能性があります。
その一つが魚の目と呼ばれる、足の裏や手のひらに出来る芯のあるイボの様な物で、きほんてきに足の裏に出来た場合、角質が厚くなっている為に違和感があり、歩くたびに痛みを伴います。
ですが出来る箇所により、時々痛くない魚の目が出来る事があるようです。
痛くないならば治療しなくてもいいのではと思うかもしれませんが、実は自然治癒はしないどころか、放置するとどんどん悪化していくのです。
この症状が出た角質層は円錐状の芯のようになります。
それがどんどん時間が経過していくにつれ、内側に向かって伸びていき、気付けば硬い塊を踏みつけながら歩かなければならない状況になってしまうのです。
その様な状態で歩いていれば、腰はおろか背中や他の部位まで痛めてしまうかもしれません。
魚の目を見つけた時は、例え痛くない状態であったとしても、なるべく早く対処をするようにしましょう。

スポンサーリンク

ではどういった治療方法があるのかというと、魚の目の治療には何通りか方法があります。
先ずは市販薬を買ってきて自分で処置をする方法です。
よくCMで軽快な音楽と共に宣伝されているのを見かけるかもしれませんが、そういった市販薬を薬局などで購入して、自分で貼ったり塗ったりして治療します。
これは発見した時に直ぐ処置が出来、お金もそこまでかかりません。
ただ、もしその魚の目の中に赤黒い様な塊を見つけた場合は、市販薬や自分での対処では治療しきれないケースがあります。
その赤黒い塊とは血液が出ている証拠でして、そういう場合は、なるべく早くにお医者さんに診てもらう様にしましょう。
病院では、皮膚を凍結させて壊死させる事により取り除く冷凍凝固療法や、更に大きく深い場合にはメスにより切除したり芯を焼き切るレーザーでの治療が受けれます。
特に化膿が進んでしまっている場合は、先ず炎症の治療をしなければならない為、直ぐに病院で診てもらう様にしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法