魚の目 痛い 歩けない 対処 方法

魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は

スポンサーリンク

魚の目はサイズの合わない靴を履いたり歩き方のクセなどで一点に体重や圧力がかかってしまったことが原因で、角質が以上に増えてしまったことで起こります。
足の表面には大きな変化は見られませんが、増えた角質が皮膚の内側に向かってくさび状に成長していくため足の裏の神経に触れてしまい、痛いと感じてしまようになります。
魚の目の症状が進行すると歩けないほど痛いという人も少なくありません。
軽度の時には普段履いている靴を変えるという対処方法だけで治っていくこともありますが、重症化してしまうと歩けないほど痛いと感じてしまう時があります。
病院に行くのが一番の対処法ではありますが、仕事の都合などで病院に行く時間がしばらく取れないというような場合には市販の魚の目用のパッドを購入して使用しましょう。
患部を囲むようにドーナツ状になっているパッドは魚の目の部分に体重がかからないようにできるので歩けないほどの痛みがある場合にも患部へかかる体重が減るので楽になります。

スポンサーリンク

また、市販されている魚の目除去用の薬を購入してきて、自分で除去するという方法もあります。
ネット等では自分で除去する方法としてカミソリやカッターの刃で削いだり、美容用の先のとがった小さなハサミで患部をえぐるというような方法も公開されていますが、綺麗に取れないことが多くさらに周りの皮膚を不用意に傷つけてしまうのでおすすめできません。
自分で対処したいならば、市販の薬を利用するようにしましょう。
使用方法はサリチル酸が含まれている薬剤を患部に数日間貼っておきます。
そうすると成分が皮膚に浸透して柔らかくなるので、くさび状になって痛みを生じさせている原因となっている芯の部分を取り去ることができます。
2週間ほどかかりますが、病院に行かずに自分で魚の目を対処できる方法です。
この方法は手軽ではありますが100%確実に取れるというわけではないとも言われています。
また、患部の周りの健康な皮膚も薬剤によって柔らかくなり、芯と一緒に剥がしてしまうことになるので芯を取った後のケアが重要になります。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法