ウイルス性いぼ 顔

ウイルス性いぼは顔に出来る場合もあります

スポンサーリンク

顔にいぼが出来る原因は様々です。
その中でもヒトパピローマウイルスというウイルスが原因となるのが、ウイルス性いぼです。
正常な状態であれば、ウイルスに触れても感染するとは限りませんが、顔に傷口があった場合には、そこにウイルスが入り込むことによりいぼが出来てしまいます。
なお、このいぼの原因となるウイルスの種類は100種類以上と非常に多く、出来る場所や症状などもことなります。
顔に出来やすいいぼとしては、青年性扁平ゆうぜいや老人性ゆうぜいと呼ばれるものがあります。
大きさは1mm〜米粒程度で、放置しておくと自然に消える場合もありますが、増殖することもあります。
完治させるためには、早期発見・早期治療が重要となります。

スポンサーリンク

 

ウイルス性いぼの治療薬は市販されているタイプも多数ありますが、自己判断で使用してしまうと肌トラブルなどの原因になる可能性もありますので、注意が必要です。
治療方法については、病院により異なる場合がありますので、あらかじめ確認するようにしましょう。
顔の目立つようなところにいぼが出来ているという場合には特に注意が必要です。
ウイルスへは免疫力が下がっている時や体力が落ちているような時に感染しやすくなります。
肌を清潔にすることを心掛けるとともに、規則正しい生活を意識するようにしましょう。
ケガや紫外線は皮膚に大きなダメージを与えてしまいますので、季節に関わらず、紫外線ケアはしっかりと行うことが大切になります。

スポンサーリンク