魚の目 増える 原因

魚の目が増える原因は2つある

スポンサーリンク

魚の目が増える原因としては大きく分けて2つの事が考えられます。
1つは足に合わない靴を履き続けているということです。
足に合わない靴を履いていると、同じ場所が圧迫されたりこすれたりして角質層が固くなり魚の目が出来てきます。
治療を行うと共に靴に中敷きを入れて足にフィットするようにすることが大切です。
靴が原因ではなく歩き方が悪い場合もあります。
靴裏のすり減り方が均一ではない人は、歩く時に足裏の一部だけに圧力をかけているため、その部分に魚の目ができやすくなります。
また血行が悪いと皮膚に栄養が届きにくくなるので、皮膚が固くなって魚の目が出来やすくなります。
足の血行を良くするためには足裏だけではなく、足裏から太ももにかけてをマッサージすることが大切です。
マッサージする時にはオイルやクリームを使うと皮膚が柔らかくなるほか、血流も良くなるので効果的です。
日頃からつま先立ちをしてみたり、ふくらはぎを動かすようにするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

もう1つの原因としては、ヒトパピローマウィルスに感染している可能性が考えられます。
このウィルスに感染すると魚の目に良く似たイボができます。
尋常性疣贅と呼ばれ、ウィルス性なので1つできると、感染して新しいイボを作ります。
また足裏で増えるだけではなく、膝や顔、手の指などにもできるようになります。
感染力は余り強くありませんが、皮膚に傷がついていたり免疫力が弱い場合には感染するので安易に触らないように注意する必要があります。
特にアトピーの人は感染しやすいので注意が必要です。
自分だけではなく家族にうつる場合もあります。
魚の目と尋常性疣贅の違いは、尋常性疣贅の場合には押しても痛みがない点です。
痛みがない魚の目が増えるのなら、尋常性疣贅の可能性が高いので早めに治療を受けつことが大切です。
治療方法としては液体窒素で凍らせてイボを取り除く方法や、スピール膏を貼る方法などがあります。
また免疫力を高めるためヨクイニンを内服することもあります。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法