魚の目 芯 抜き方

魚の目の芯 自分でできる抜き方

スポンサーリンク

魚の目はいつの間にか出来ていて、歩いたりするときに邪魔になったり痛みが生じてしまいます。
酷い場合には断つことすら難しいというほどの痛みが生じてしまうこともあります。
魚の目ができる原因は合わない靴を履いたりすると足の同じところばかりに圧力や耐重がかかってしまいます。
そのため肌の一番外側にあって外部の刺激から守っている角質層の一部が厚くなってしまい、角質層の下側にある神経を刺激することで痛みが生じてしまいます。
この厚くなってしまった部分の角質が魚の目の芯と呼ばれているものです。
タコは同じ原理で角質層が外側に肥大してしまった状態です。
魚の目の芯は基本的に病院で処置をしてもらう方が安心です。
カッターやかみそりで芯やその周りの皮膚をそいで抜くという人もいますが、やり方を間違えれば芯が抜けないばかりか傷を作ってしまいかねません。
病院に行かずに自分で出来る魚の目の芯の抜き方とはどんなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

魚の目の真の抜き方は、まず周囲の皮膚を柔らかくするところから始めなければいけません。
しかし入浴後に皮膚が柔らかくなるといってもその程度ではまだ「柔らかい」とは言えません。
おすすめなのはサリチル酸が配合されている魚の目用の治療薬を購入して使用します。
専用の絆創膏のようなものを患部に貼り、数日間そのままにしておきます。
周囲の皮膚と同時にふやけたところを剥がすという抜き方になります。
この方法ならば誤って患部以外の場所をそいでしまうということも起こりません。
通常、サリチル酸の絆創膏と一緒に患部を保護するパットも一緒に入っているので、それを利用することで痛みが生じないようにできます。
しかしこの方法も芯を抜いた後にそのままにしておけば患部が化膿してしまう可能性があるのできちんと消毒を行っておきましょう。
そして自分の足に合わない靴を履いていたなどして足に負担をかけてしまったのが原因となっているため、靴を変えるなどの根本的な改善も同時に行っていきましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法