魚の目 芯 大きい 治療 方法

芯が大きい魚の目の治療方法

スポンサーリンク

皮膚の角質が厚くなって硬い芯となったものを魚の眼球のように見えることから魚の目といいます。
魚の目の芯は皮膚の奥深くまで侵入していくため、歩行などによって圧迫されると神経を刺激するので強い痛みが生じることがあります。
魚の目はサイズが合わない靴やハイヒールなどの先端が尖った靴を長時間履いていることが原因でできることが多いです。
こういった靴を長時間履いていると必要以上に足が圧迫されるので角質が硬くなって魚の目ができやすいのです。
一般的に女性の方がハイヒールやミュールなどの足に負担がかかる靴を履くことが多いことから、男性よりも女性の方ができやすい傾向があるとされています。
また、歩く時や立っている時の姿勢が悪いと足への負担が大きくなることから、姿勢の悪さが原因でできる場合もあります。
また、冷え性の人は新陳代謝や血行が悪いので古い角質が溜まりやすくなります。
そのため、冷え性の人は魚の目ができやすい傾向があるとされています。

スポンサーリンク

魚の目は芯が比較的小さい場合は市販の専門薬を使えば簡単に取り除けることもありますが、大きい場合は市販の専門薬では完全に取り除くことは難しいです。
完全に完全に取り除かないと何度でも再発してしまうため、芯が大きい場合は自分で治そうとせずに皮膚科で治療を受けることが大切です。
また、自分でカッターなどを使って芯をえぐり取ろうとすると傷口からばい菌が入って化膿してしまうことがありますし、ほとんどの場合は表面を削るだけなので何の意味もありません。
皮膚科では冷凍凝固療法やレーザー治療、外科手術などの方法で治療してくれます。
冷凍凝固療法とは液体窒素によって皮膚を凍結して壊死させることで魚の目を除去する治療方法です。
この治療方法は何度も通院しなければならず、強い痛みを伴うというデメリットもあります。
レーザー治療は比較的痛みは小さいですが、保険適用外なので高額な治療費が必要になることもあります。
外科手術は芯が大きい場合や深い場合に行われます。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法