魚の目 芯 深い 対処 方法

芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法

スポンサーリンク

魚の目とは、足の裏や指にある皮膚の角質の一部が厚くなってしまい、硬い芯ができている状態のことです。
見た目が魚の眼球に似ていることから、この名称で呼ばれています。
同じ部分に負荷がかかることで魚の目になりやすく、サイズの合わない靴や脚の血行不良などが原因となります。
靴のサイズを見直したり、足の一部に負担がかかっていないか、歩き方に問題はないかという点も気をつける必要があります。
魚の目が軽症の場合はそれほど痛みを感じないこともありますが、皮膚の深いところまでに芯が侵入して神経にさわるようになると、痛みを感じます。
魚の目が悪化している場合は、芯が1センチを超える深さまでに到達していることもあるといいます。
そして、皮膚よりも深いところまで達してしまったものは、はさみや爪切りなどでは除去しきれませんし、しっかり除去しないと再発したり、皮膚を傷つけて化膿してしまうこともあります。
また、芯を取った後のケアも大切だといわれています。

スポンサーリンク

軽症の場合の対処方法としては、市販の魚の目用保護パッドを患部に貼るということで改善することがあります。
保護パッドによって靴などからの圧迫や摩擦を防いでくれるからです。
足に合った靴に変えることも効果的です。
魚の目の症状が進行して、芯が皮膚に食い込んでいる場合の対処方法として、一番良いのが皮膚科を受診することです。
深さは見た目ではわかりにくく、深い部分まで侵入している場合は、除去後に縫合が必要になることがあります。
どのような病気でも、早めに治療を始めると早めに改善するので、専門家に治療を依頼することがおすすめです。
すぐに皮膚科を受診することが難しい場合の対処方法としては、市販薬の利用があります。
パッドタイプや液体タイプなどがありますが、患部に使用することでサリチル酸という成分が皮膚に浸透し、数日すると皮膚が白くやわらかくなります。
そしてピンセットなどで芯を除去することができます。
芯を取った後は消毒して清潔に保つように心がけましょう。
ただ、市販薬を使用してもなかなか完治しない場合は、必ず病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法