魚の目 芯 取り方 ピンセット

魚の目の芯をピンセットを使った取り方

スポンサーリンク

魚の目は放置していても決して自然回復はしません。
治す方法はただ一つ、魚の目の芯を確実に除去することにあります。
しかし、そのままピンセットで除去しようとしてもしっかりと根付いてしまった魚の目を除去するのは至難の業です。
芯を除去するにはスピール膏をつかって角質の塊である芯を柔らかく、もろくしていく必要があります。
具体的には市販されているスピール膏が塗られた絆創膏を魚の目に当てるようし、そのまま3日間放置するのです。
そうすると芯がもろくなっているのでそれをピンセットで除去すると上手く取れます。
取り方としては周囲の皮膚を傷つけないように時間をかけて行うようにするといいでしょう。
急いでやろうとすると周囲の皮膚を傷つけてしまい、感染症を誘発してしまいます。
そうなるとかなり長い間足の裏が痛いままになってしまうので注意しましょう。
ピンセットをつかった芯の取り方としてはこれ以外には余り方法がありません。
液体窒素を使った方法もありますが、これは医者にやってもらう方法です。

スポンサーリンク

魚の目の取り方の手っ取りはやい方法である液体窒素を使った方法は実にわかりやすいといえます。
芯を凍らせて抉り取ってしまうのです。
これはかなり痛いのでよほど芯が悪化していなければ通常のスピール膏とピンセットを使ったとり方で十分といえるでしょう。
魚の目は角質に負担がかかって変化してしまったのが主な原因です。
一応ストレスが原因というパターンもありますが、その場合はストレスを軽減する以外にあまり有効な方法がありません。
靴が合わなくなってきたか、砂利道など歩きにくい道を日常的に通っていることが原因として考えられます。
それらは靴を合うものに買い換える、あるいはしっかりと舗装された道を通るなどの対策を行うことができるでしょう。
ピンセットとスピール膏を常備するのもいいですが、足をいたわった生活スタイルを確立することも大切です。
足の裏は意外とデリケートなので、魚の目のできるような状況にはできるだけならないように気をつけて生活しましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法