魚の目 芯 取り方 イボコロリ

イボコロリを使った魚の目の芯の取り方

スポンサーリンク

魚の目は皮膚の角質が厚くなってしまい、皮膚の深い部分にまで入り込んでしまって歩くことによって圧迫されてしまうといった刺激があると痛みを感じてしまう症状になっています。
見た目としてよく似ているので、たこと勘違いされてしまうこともありますが、魚の目は名前の通りに患部に白い目のように見える芯があるのが特徴になっていて、この芯が痛みの原因にもなっています。
ですので、たこの治療とは違っていて、硬くなってしまった皮膚の表面を削っていくだけではなく、芯の部分も取り除く必要が出てきます。
魚の目は特定の部位に長い期間圧迫や摩擦が繰り替えされてしまうことによって発症してしまいます。
ですので、足の裏といった部位に発症しやすくなっているのは、小さすぎるサイズの靴や先が細くなっているハイヒールといったように足に合わない靴を長い期間履いてしまったときなどに足の内側や外側の部分を強く圧迫してしまっている状態にしてしまうからです。

スポンサーリンク

魚の目ができたら痛みを伴ってしまうことになるのでなるべく早く治療を行うことが望ましくなっています。
治療方法としては皮膚科で治療を行ってもらうことも可能になっていますが、小さいものである場合には、自宅で市販のイボコロリを使って治療することもできます。
イボコロリには絆創膏タイプのものと液状タイプのものがあり、取り方に関してはどちらも同じになっています。
ですので、患部の場所や自分自身が使いやすいと思う方を選ぶようにしましょう。
イボコロリを使った取り方は、薬剤を使用することによって患部の皮膚を柔らかくしていき、軟化してきた皮膚をピンセットを使うなどして剥がして、これを数回繰り返していった後に芯を取り除いていくことになります。
これがイボコロリを使った魚の目の取り方になっています。
その後は、皮膚が自然に回復してくれるのを待ちながら治療が完了したことになります。
芯が残ってしまっていることによって再発してしまうこともあるので、しっかりと芯を除去することが大切です。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法