ウイルス性いぼ 病院

病院で行われるウイルス性いぼの治療法

スポンサーリンク

ヒトパピローマウイルスに感染することにより発生するいぼのことを「ウイルス性いぼ」もしくは尋常性ゆうぜいと言います。
プールや温泉などで感染するケースが多く、特に足の裏や手足の指に出来やすいという特徴があります。
いぼの表面にポツポツとした砂状の点状出血が見られるのが特徴でもあり、病院ではこのような特徴が見られるとウイルス性いぼとの診断を受けることが多いようです。
病院では、皮膚科などで治療を受けることが出来ます。
一般的に行われている治療法としては、液体窒素を使用したもので、皮膚に炎症を起こし、それにより皮膚の免疫機能を高めるということを行います。
この他の方法としては、注射による方法やレーザーによる方法があります。

スポンサーリンク

 

ウイルス性いぼの治療法として、保険適用となっているのは、液体窒素を使用したものだけです。
そのため、注射やレーザーを使用した方法については保険適用外となり、治療費は高額になるケースが多くあります。
いぼは一旦は良くなったように見えても、しっかりと完治させないと再発を繰り返してしまうことが多くあります。
そのため、治療には時間がかかることが考えられますので、気を長くして治療を継続するようにしましょう。
治療効果を高めるためには、免疫力を高めることが必要となります。
そのためには、体を冷やさないようにするということが大切になります。
足は冷えやすいため、冷やさないように保温を心掛けるようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク