魚の目 芯 黒い 原因 症状

症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない

スポンサーリンク

基本的に魚の目の芯は白いです。
しかし、時に黒い芯がでているケースもあります。
魚の目ということもありますが、黒いならいぼの可能性が高くなります。
魚の目になる原因は、繰り返し同じ箇所を刺激または摩擦によっておきます。
いぼの原因は、ウイルスによるものです。
もちろん、黒いからといって必ずいぼというわけではありません。
芯の色だけで判断せず、医師に診てもらえばいいです。
また、魚の目の症状があるなら歩くたびに痛くなりますし、きちんと治療しなければ芯が奥に入ってしまい治療に時間がかかってしまいます。
いぼであった場合は、他の箇所にも同じような症状がでたり、ウイルスが原因ですので人にうつしてしまうこともありえます。
魚の目であってもいぼであっても、症状があれば早めに医療機関を利用するとよいです。
きちんと治療しなければ、どんどん悪化してしまいます。
日常生活にも支障をきたしやすいので、気になる症状があれば対処することを忘れてはいけません。

スポンサーリンク

自力で魚の目の芯を取り出すこともできますが、細菌などが入ってしまい、余計にひどくなることもあります。
きれいに治すなら、市販薬を使うか病院で取ってもらえばいいです。
いぼならば、液体窒素を使ってとってしまう方法が有名です。
保険が適用されますので、経済的負担は少ないといえます。
ただし、いぼの数が多いなどであれば、治療に時間がかかります。
魚の目かいぼか、判断できない時は触らないことです。
触りすぎてしまうと、症状がひどくなり長い期間の治療が必要になるかもしれません。
皮膚科に行けば、黒い芯だとしても問題なく対応してもらえます。
痛みなどの症状を出さないためには、同じ箇所に刺激を与えすぎないようにすれば予防になります。
また、原因がウイルスであった場合は体の抵抗力が低下していますので生活習慣を見直してみれば、改善しやすくなり体の調子も良くなっていきます。
時間をかけないことが重要です。
治療を受けるにしても、生活改善をするにしても早めに行えば、負担が大きくなることはありません。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法