魚の目 手術 費用 料金 値段

魚の目レーザー手術の費用と保険適用時の料金の値段の差

スポンサーリンク

魚の目とイボは見た目で分かりにくい場合があるようです。
ただ、イボは角質の奥に芯はなく、反対に魚の目は角質奥に芯があるので、足裏にある時などは歩くと小石を踏んでるような痛みを感じることがあるかもしれません。
また、イボは自然に消えることもあるようですが、魚の目は出来てしまった後は自然に消えることはありません。
放置しておくと大きくなったり、深くなり、痛みが強くなることもあります。
そうなると生活に支障がでる不安もありそうです。
そこで早めに病院を受診してみると良さそうです。
病院は、皮膚科や整形外科、形成外科などになります。
魚の目の治療としては、幾つかありそうです。
軽度の魚の目なら、カミソリで削ったり、角質を柔らかくするサリチル酸を配合したスピール膏などをを使用して芯を取る方法があり、低料金で行えます。
この方法は、ドラッグストアなどで比較的安い値段で売られているスピール膏シールなどで、自分で行う方もいらっしゃるようです。
ただ、値段は安く手軽でも、芯までが深い場合は、芯まで取り除くことは難しいようです。
その場合、病院でも手術になることが少くないようです。
手術は料金が異なりますが、メスでの切除か炭酸レーザー治療などの選択肢があります。
値段が安く済む市販の薬は限界があるのを感じている方もいらっしゃるかもしれません。

スポンサーリンク

メスかレーザーか、どちらが良いのかは、症状の度合いや医師の判断、本人の希望もあるようです。
ただ、どちらもメリットやデメリットがあるのを知っておくと良さそうです。
メスでの切除は、保険適用による手術が可能ですので取り除く個数によりますが、費用は数千円が相場のようです。
薬を処方されても一万円を越えることはほとんどないようです。
ただ、メスで切除するので、出血や術後の痛み、感染のリスクなどが全くないとは言えません。
また、傷が塞がるまでの一ヶ月近くは歩くのが困難になるかもしれません。
一方、炭酸レーザー治療ですが、保険適用はできないので、一ヶ所一万円位かかるのは知っておくと良さそうです。
また、病院によりますが、魚の目の大きさで割り増しになることもあります。
個人差はありますが、一回の施術で完全に取り除くのは難しく、数回通う可能性もあるので総額の費用もメスによる切除料金と比べると、費用に差がでてきそうです。
ただ、炭酸レーザー治療の場合は、痛みもほとんどなく、傷跡も残りにくいメリットがあります。
魚の目が痛くて生活に支障がでるのも辛いですが、費用もかかることなので、ネットの口コミや評判も参考に、納得のできる治療を受けられる病院を見つけてみて下さい。

スポンサーリンク

関連ページ

魚の目を治す絆創膏タイプの治療期間
魚の目の治療は病院の何科が適しているのか
足の裏に出来る魚の目が痛くない場合について
魚の目が歩けないほど痛い時の対処方法は
魚の目パッドはどのように作用して効果が表れるのか
魚の目を放置するとこんな症状が現れる
魚の目の芯 自分でできる抜き方
痛くない魚の目の治療方法
魚の目たこいぼの違いはどういうものでしょう
症状によりますが魚の目の芯が黒いなら原因はウイルスかもしれない
痛い思いをする魚の目を治すための絆創膏
魚の目用絆創膏の使い方
魚の目を治すときに皮膚科で支払う料金について
魚の目ができる原因と皮膚科での魚の目の芯の取り方について
芯が思いがけず深いことも 魚の目の対処方法
魚の目の芯が取れない、取れたかわからない場合の対処法
魚の目への対処、除去後の処置
魚の目の芯をピンセットを使った取り方
魚の目の芯を取り除いた後の患部に膿が出る症状
皮膚科で行う魚の目の治療方法は
魚の目が増える原因は2つある
魚の目への対処方法、芯と血の問題について
芯が大きい魚の目の治療方法
魚の目の芯が取れたかわからない
イボコロリを使った魚の目の芯の取り方
魚の目は状態によって手術が必要ですので早めに病院を利用しよう
魚の目の治療方法、細い芯への対処
魚の目シールを貼った部分が痛い時の対策と治療法
重症になった魚の目の治療方法