ウイルス性イボ レーザー治療

ウイルス性イボのレーザー治療について

スポンサーリンク

ウイルス性イボは、皮膚の小さな傷口から侵入したウイルスによって引き起こされる皮膚疾患です。
足や手の指先などに発生しやすく、皮膚科での専門治療が必要になります。
ウイルス性イボの治療で広く行なわれているのが、液体窒素による凝固療法です。
この治療は、健康保険の範囲内で治療が可能です。
最近では美容皮膚科などを中心に、レーザー治療も実施されています。
レーザー治療の場合は、より通院回数が少なくて済むことが大きなメリットです。
液体窒素による治療では改善が難しかったケースでも、レーザー治療を試すことで完治することがあります。
レーザー治療の場合は自費診療となりますが、効果の高さから現在注目されている治療法です。

スポンサーリンク

 

ウイルス性イボは、通常皮膚の内部にも病変があります。
ですので、表面だけを治療しても中々完治が望めないのが厄介な点です。
液体窒素による治療は加減が難しいという側面があり、最近ではよりピンポイントで治療が出来るレーザー治療に人気が集まりつつあります。
顔や足などの目立つ部位にウイルス性イボが発生した場合には、美観的な面にも気を配れる美容皮膚科での治療は大きな魅力です。
注射療法とレーザーの併用も行われており、かなりの高確率でイボを消失させて肌を整えることが出来ます。
イボは多発するケースもあるため、頼れるかかりつけ医がいれば安心です。
状態に合わせて受診する医療機関を決めておくと、治療もスムーズに行なえます。

スポンサーリンク